兵庫県神戸市北区 荒堀公園

神戸市北区の公園

この記事では、二児の父である私が、子どもと一緒に荒堀公園に実際に行ってみて、遊んでみた感想や公園の設備や遊具などを紹介しています。

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
fusa

娘と息子をもつ父親。30代。
最近体力の低下が著しい免疫弱い系男子、というかおじさん。
公園のリサーチをメインとした地域情報ブログ『近場の穴場PARK』を運営。

fusaをフォローする

公園紹介

神戸市北区有野中町にある小さな公園。

公園の横には有野川、そして緑豊かな森が広がっており、壮大な自然を感じられます。

複合遊具の雲梯(うんてい)は、お子さまにとってはスリル満点!

河童の水道がある公園です。

 

地図で場所を確認

 

公園詳細

ここからは、荒堀公園内の遊具や設備を紹介します。

 

複合遊具

すべり台、手すり付き階段、雲梯(うんてい)、白いハシゴ、ブランコが組み合わさった複合遊具となっております。

この複合遊具の雲梯(うんてい)、写真では分かりにくいかもしれませんが、かなりの高さです。

大人でもジャンプしないと届きません。

手すり付き階段側から始める場合、足場と雲梯(うんてい)のスペースがかなり狭くなっているので、小さいお子さましか入れません。

ただ、かなりの高さがありますので、大抵のお子さまはビビッてやめてしまうと思います。

まぁ、始める位置の高さが、すべり台と同じ高さのところから始まるわけですから、そりゃあ怖いですよね。。

ブランコ側からの方が始めやすいかもしれませんが、雲梯自体の高さは同じですので、子どもからしたら怖さは同じかもしれません。

お子さまが怖がらずに遊んでくれたとしても、必ず横で見守るようにしてください。

落ちたら普通にケガする高さです。

子ども向けに設計されている割に、かなり危険でスリルを味わえる仕様になっている雲梯(うんてい)です。

看板にも記載されていますが、雲梯(うんてい)の上には上がらないようにしましょう!
落ちたらケガで済むレベルではありません。

 

複合遊具の白いハシゴは間隔が少し空いているので、小さいお子さまが上る際は注意してください。

 

ブランコの座席数は2つです。

座席はゴムで出来ているので、お尻がフィットしてとても座りやすくなっています。

座席の数は、公園の規模的に妥当な数だと思われます。

公園詳細に戻る

 

鉄棒

二段階の高さが選べる鉄棒です。

目の前には森が広がっています。

壮大な自然の力を借りて、普段は出来ない逆上がりが出来るようになるかも!?

公園詳細に戻る

 

砂場

砂の質は、まぁ普通です。

固くもなく、柔らかくもなく。

公園詳細に戻る

 

健康遊具

健康遊具は2種類あります。

懸垂や腹筋など、お好きな筋トレをどうぞ!

公園詳細に戻る

 

ベンチ

ベンチは3種類あります。

使用している人がいなければ、腹筋を鍛える健康遊具もベンチとして使用することもできます。

 

水道横のベンチは屋根付きです。

公園詳細に戻る

 

水道

たぶん河童であろう動物の石造りの水道。

数ある動物の中から、なぜ河童をチョイスしたのか、気になるところです。

河童の足元にはたぶんラッコであろう動物の石造りの置物。

手洗い用と飲用の蛇口が付いていますが、飲用の蛇口はやや高めに設置されています。

公園詳細に戻る

 

広場

バドミントンやキャッチボールなどの軽スポーツなら、十分に楽しめる広さはあります。

広場内は、草が結構生えてます。

公園の横が川になっているので、ボールなどが落ちないように注意してください。

公園詳細に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました