兵庫県神戸市北区 蒲池公園

神戸市北区の公園

この記事では、二児の父である私が、子どもと一緒に蒲池公園に実際に行ってみて、遊んでみた感想や公園の設備や遊具などを紹介しています。

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
fusa

娘と息子をもつ父親。30代。
最近体力の低下が著しい免疫弱い系男子、というかおじさん。
公園のリサーチをメインとした地域情報ブログ『近場の穴場PARK』を運営。

fusaをフォローする

公園紹介

神戸市北区藤原台にある中規模な公園。

公園の周りには病院や学校などの公共施設、色々なお店が入った商業施設やイオン藤原台店などがあり、周辺地域のオアシス的な存在です。

お子さまに人気の遊具が多数あり、公園内の至るところにベンチが設置されているほか、広いグランドや遊歩道も整備されており、周辺地域の方々にとても人気のある公園です。

 

地図で場所を確認

 

 

公園詳細

ここからは、蒲池公園内の遊具や設備を紹介します。

 

複合遊具

砂場の中央部に設置された、赤と青のすべり台がとても印象に残る、やや小さめの複合遊具。

赤と青の2種類のすべり台、足場付きのぼり棒、うんてい、遊具内部に取り付けられたハンドル、ロープのハシゴ、手すり付き階段が組み合わさった複合遊具となっています。

ただでさえ小さめなのに、公園の規模が大きいため、その存在はよりいっそう小さく見えてしまう程。

小さく設計されている分、小学校中学年以上のお子さまには少し窮屈に感じるのではないでしょうか。

小さいお子さま向けの複合遊具といえるでしょう。

 

赤と青のすべり台ですが、スピードがそこそこ出ますので、小さいお子さま(特に2歳ぐらいまで)は、尻もちをついてしまうかもしれません。

でもそこは助けてあげず、あえて尻もちをつかせてみてはいかがでしょうか。

お子さまは少し痛いかもしれませんが、尻もちをついている子どもの姿はとても可愛くて笑えますよ!笑

すべり台の下は砂場ですので、たぶんそんなに痛くないはず!?

公園詳細に戻る

 

ブランコ

ブランコの座席数は2つです。

人気がある公園なので、とても少なく感じます。

需要と供給のバランスが崩れたブランコといえます。

公園詳細に戻る

 

鉄棒

三段階の高さが選べる鉄棒です。

青、赤、黄、緑ときれいに色が塗られていて、ついついやりたくなるような鉄棒です。

公園詳細に戻る

 

砂場1

複合遊具側の砂場。

砂の質は、普段からよく掘られているせいか、柔らかいです。

ただ、砂場の端の方は木が近いので、木の枝や落ち葉が溜まっています。

木の枝でケガをする恐れがありますので、複合遊具の青色すべり台側、もしくは砂場2(下記参照)で遊ぶことを推奨します。

公園詳細に戻る

 

砂場2

シーソーのような、黄色のスプリング遊具側の砂場。

砂の質は、普段からよく掘られているせいか、柔らかいです。

複合遊具側の砂場よりも、こちらの砂場の方が遊ばれている印象です。

木の枝なども複合遊具側の砂場(砂場1)に比べて少ないので、砂場遊びはこちらの砂場2がおすすめです。

公園詳細に戻る

 

スプリング遊具1

砂場の中央部に設置されている、犬のエサ「ほねっこ」みたいな、シーソーのような黄色のスプリング遊具。

上に乗るとグラグラと揺れます。

バランス感覚が問われる遊具ですので、運動神経の悪い方は気を付けてください。

体のバランス機能が未発達な小さなお子さまを遊ばせる際は、必ず横について見守るようにしましょう!

公園詳細に戻る

 

スプリング遊具2

可愛らしい乗物のスプリング遊具が3つあります。

小さいお子さま(特に男の子)にとても人気があります。

順番を守って遊んでね!

公園詳細に戻る

 

健康遊具

懸垂をして鍛えることもでき、ぶら下がって腕の筋を伸ばすストレッチなど、使い方はさまざまです。

公園詳細に戻る

 

遊具広場

バドミントンやキャッチボールなどの軽スポーツ程度なら、十分にできる広さはあります。

しかし、遊具広場は基本的にお子さまが遊んでいますので、ボールなどが当たる危険があります。

スポーツを楽しみたい方は、遊具エリア横のグランドでお楽しみください。

公園詳細に戻る

 

グランド

野球やサッカーなど、大人数で行うスポーツが十分にできる広さがある大きなグランド。

グランド横は遊具エリアになっており、遊んでいるお子さまが多いので、球技をする場合は、ボールが遊具エリアに飛んでいかないように注意してください。

公園詳細に戻る

 

遊歩道

公園上部にあるベンチエリアから、公園下部にある遊具エリアに繋がる遊歩道。

遊歩道の脇には木々が生茂り、自然を近くに感じられます。

 

公園上部にあるベンチエリア周辺の遊歩道は、周りを芝生に囲まれており、天気の良い日はシートを敷いてピクニックを楽しめますよ!

 

秋には木々が色づき、とてもキレイな紅葉を楽しめます。

公園詳細に戻る

 

トイレ

遊具エリアの端(公園南西)にあるトイレが1つあります。

公園上部のベンチエリアからは少しだけ距離がありますので、お子さまのトイレはお早めに!

公園詳細に戻る

 

時計

グランドと遊具エリアの間に設置されている時計。

木の上に、かろうじて見えている状態です。

数年後には木の葉っぱに埋もれて、見えなくなってしまいそうですね。

公園詳細に戻る

 

水道

グランドと遊具エリアの間に、手洗い用と飲用の蛇口がついた水道が1つ設置されています。

トイレを除いた水道は、この1ヵ所だけです。

公園詳細に戻る

 

ベンチ

 

公園上部のベンチエリア

公園上部ベンチエリアは、公園内で最も高い場所に位置しています。

ベンチエリア横は歩行者専用通路になっており、周辺地域の方が散歩やウォーキングの途中に立ち寄り、休憩場所として利用しています。

天気の良い日は見晴らしが良く、六甲山系の緑がきれいに映え、癒しのひとときを与えてくれます。

公園上部のベンチは、全て屋根付きです。

 

公園中部のベンチエリア

グランドの横にある公園中部ベンチエリア。

上部ベンチエリアから少し下ったところにあります。

ベンチ前は、ちょっとした広場のようになっており、お子さまが走り回れるぐらいの広さは十分にあります。

公園中部のベンチは、全て屋根付きです。

 

その他のベンチ

公園上部、中部のベンチエリア以外のベンチは、公園の至るところに設置されています。

公園詳細に戻る

 

モニュメント

公園中央部に設置されているモニュメント。

六甲山の北側に位置するこの地域に、(その当時)新しくできたニュータウン「藤原台」を記念して作られたのでしょう。

そして、海抜(標高)は263メートル

 

なるほど。

わざわざ海抜を明記したモニュメントを設置するぐらいなのだから、藤原台の数ある公園の中で、海抜が1番高いんでしょうね。

 

と、思いきや

念のため他の公園の海抜(標高)も調べてみたところ、

「1番ちゃうやーん!」

 

263メートルより高いところがいくつかありました。

藤原台の数ある公園の中では、海抜(標高)は低くもなく高くもなく、ちょうど真ん中ぐらいです。

ちょうど真ん中ぐらいだからこそ、この蒲池公園にモニュメントを設置したかもしれないですね!

まぁ、そーゆーことにしておきましょう!笑

公園詳細に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました