【意外と穴場!?】子どもの遊び場 神戸市北区めんたいパーク

観光

どうも、はじめまして。

ごはんのお供No.1は間違いなく『めんたいこ』と言い切れる当ブログ管理人fusaです。

 

そんな『めんたいこ』のことを専門に扱っているテーマパークが神戸市北区赤松台にある、

かねふく めんたいパーク

みなさんは行ったことがありますか?

 

本記事の内容

神戸市北区赤松台にある『かねふく めんたいパーク』を、画像付きで紹介します。

 

休みの日(土日祝)にイオンモール神戸北の駐車場所でお困りなら、下記をどうぞ

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
fusa

娘と息子をもつ父親。30代。
最近体力の低下が著しい免疫弱い系男子、というかおじさん。
公園のリサーチをメインとした地域情報ブログ『近場の穴場PARK』を運営。

fusaをフォローする

施設紹介

かねふく めんたいパーク』では、めんたいこについて学べることはもちろん、めんたいこ関連のお土産コーナーやフードコーナー、そして工場も併設されているのでガラス越しに工場見学も行えます。

また、お子さま連れでも楽しめるように、屋内にはまるでゲームセンターのような『めんたいランド』(入場有料)があり、さまざまなゲームや映画館のようなシアターも設置されています。

さらに、屋外には『黒ひげ危機一髪』を連想させる噴水や、写真撮影を楽しめる小さな船まで設置されていて、パークの中でも外でもお子さまが飽きないような工夫が施されていて、とても楽しい時間を過ごすことができます。

管理人
管理人

まさに子どもの遊び場にはもってこいの穴場スポットだね!

 

とりあえず、

めんたいこ一色の施設となっています。

 

 

地図で場所を確認

 

 

めんたいパーク【屋内】

まずは、めんたいパークの屋内から紹介します。

 

 

正面入口付近

正面入口を入ると、めんたいパークのマスコットキャラクターである『タラコン博士』と『たらピヨ』がお出迎えしてくれます。

写真撮影できる台が設置されていますので、マスコットキャラクターたちと記念撮影してみてはいかがでしょうか。

 

タラの生態について記載された大きなボード。

家族連れの方は、お子さまにタラの生態について教えてあげましょう!

 

 

正面入口前通路

正面入口前通路には、写真撮影できるスポットやめんたいこスナック菓子のUFOキャッチャー、めんたいこができるまでの過程が分かるモニター、トイレがあります。

UFOキャッチャーはめんたいパーク屋内にあるめんたいランドにも設置されています。

 

 

工場見学

正面入口前通路の奥にある、めんたいパークに併設された工場。

その工場の様子をガラス越しに見学することができます。

めんたいこの製造加工⇒パック詰め(梱包)⇒出荷に至る工程を間近で見学でき、工場勤務歴がない方や、働く現場を見たことがないお子さまにとっては、とても貴重な経験ではないでしょうか。

 

 

めんたいランド

正面入口前通路の奥にある『めんたいランド

めんたいランド内は、UFOキャッチャーや各種ゲーム、写真撮影用の3Dアート多数、映画館さながらの『めんたいシアター』など、小さなお子さまから大人まで楽しめる空間になっています。

 

入場は有料ですので、めんたいランド入口前にある券売機で入場券を購入してください。

入場料金は下記の通りです。

大人(中学生以上)500/1人
お子様(4歳以上)300/1人
現在は入場無料になっています。

 

 

管理人
管理人

それではさっそく中を見ていきましょう!

まず、めんたいランド内はこんな感じになっています。

やや薄暗いゲームセンターといった感じでしょうか。

 

壁際にはめんたいこの形をした可愛らしいイスが置いてありますので、疲れたらいつでも休憩できます。

 

つぎは、めんたいランド内に設置してあるものを見ていきます。

 

 

3Dアート

めんたいランド内にはいくつかの3Dアートがあり、3Dアート前で好きなポーズを取って写真撮影を楽しめます。

 

クジラのアート

おすすめの撮影方法

クジラの上あごを持ち上げてる風に撮ると、クジラに飲み込まれてしまいそうなのを必死に耐えてるっぽい写真が撮れます。

 

 

白くまのアート

おすすめの撮影方法

白くまの上にまたがって撮ると、白くまとの仲良し感が出て、ほっこりした写真が撮れます。

 

 

スケトウダラのアート

おすすめの撮影方法

一番手前のスケトウダラの口元に小さな魚があり、その魚を持つような感じで撮ると、スケトウダラに餌をあげている風の写真が撮れます。

 

 

かねふくめんたいパークのアート

おすすめの撮影方法

ウインナーっぽい見た目の大きなめんたいこ、もしくはおにぎりの下にしゃがみこんで両手を上にあげると、めんたいこやおにぎりを持ち上げてる風の写真が撮れます。

 

 

めんたいパーク内の工場アート

おすすめの撮影方法

工場で働く従業員さんの一番手前にめんたいこがあり、そのめんたいこを持つような感じで撮ると、従業員さんと一緒に働いている風の写真が撮れます。

 

管理人
管理人

いろいろなポーズで思い出の1枚を撮ってね!

 

 

ふしぎ海中さんぽ キッズハウス

海中さんぽ内はまるで海の中にいるような空間になっていて、足元にはプロジェクターで映し出されたスケトウダラが泳いでいます。

 

周りの人にぶつからないように注意して、スケトウダラをエアー手づかみしてみましょう!笑

 

海中さんぽ、キッズハウスはトンネルで繋がっています。

管理人
管理人

大人の方は頭をぶつけないように注意してください。

海中さんぽ、キッズハウス内(ともに土足厳禁)は足元にクッションが敷かれていて、小さなお子さまでも安心して遊べます。

 

 

めんたいキャッチャー

めんたいランド内にあるUFOキャッチャーで、中にはお菓子(スナック菓子)が入っています。

めんたいランド入場時にもらったメダルで遊べます。

 

商品が軽いのかUFOキャッチャーのアームが強いのか分かりませんが、UFOキャッチャーが下手な当ブログ管理人でも、わりと簡単に複数個取れました

 

メダルが無くなったら、めんたいランド内のメダル販売機で追加購入できます。

100円:メダル
500円:メダル12

 

 

早押し対決

対面式となっている早押し対決ゲーム。

ボタンが6個付いていて、ランダムに光るボタンを早く押したほうに得点が加算されていき、時間内にどちらが多くの得点を獲得できたかを競うゲームとなっています。

管理人
管理人

押し間違えると減点されるよ!

 

 

カメラ遊び

カメラの前でいろいろなポーズを取って遊んだり、マスコットキャラクターである『たらピヨ』になれたり、体を使ったカメラ遊びができます。

 

 

めんたいBOX

めんたいこの料理や加工品などの絵柄を揃える神経衰弱やジグソーパズル、まちがい探しなど、さまざまなゲームを楽しめるタッチパネル式のゲームBOXです。

 

 

大人用(めんたいBOX)と子ども用(めんたいBOXキッズ)に分かれており、難易度に差があります

 

大人用(めんたいBOX)

 

 

子ども用(めんたいBOXキッズ)

 

 

手押し遊具

 

表裏両面で遊べる遊具で、表を押すと、

押したところが陥没し、裏は、

こんな感じになります。

 

 

3Dゾートロープ

立体アニメが見れるパラパラ漫画の3D版のような機械。

10分おきに立体アニメがはじまります。

 

 

写真では分かりにくいですが、

立体アニメ(機械が回転)中は、やや強めの照明がピカピカ点滅を繰り返すので、体調のすぐれない方、乗り物酔いされる方などは、気分が悪くなるかもしれませんので注意してください。

 

 

たらピヨフィッシング

制限時間内に釣った魚の合計得点を競うフィッシングゲーム。

魚の種類ごとにポイントが異なります。

 

操作はとても簡単で、小さいお子さまでも楽しむことができます。

 

 

めんたいシアター

めんたいランド内にある映画館『めんたいシアター』

映画館と水族館を足したような空間で、中ではアニメなどの映像を常時放映しています。

 

管理人
管理人

中に入ると結構暗いので、小さいお子さまには少し怖いかもしれません。

 

大きなすべり台

(画像は後日撮影します。)

めんたいランド内にある『大きなすべり台』

横幅は2メートルぐらい、長さは4メートルほどの、すべり心地が滑らかなすべり台となっています。

クツを脱いで滑ってね!

 

お土産コーナー、フードコーナー

めんたいパークにはお土産コーナーとフードコーナーがあります。

併設されている工場で作っためんたいこやめんたいこの加工品、めんたいこのお菓子などがお土産として売られています。

フードコーナーには出来たてのめんたいこが入ったおにぎりやパスタ、めんたいこが練り込まれためんたいソフトなどが売られています。

 

 

フードコーナーおすすめ商品

めんたいソフト 250

管理人
管理人

当ブログ管理人のおすすめ『めんたいソフト』

弾力のあるさっぱりとした甘みのクリームにめんたいこがたっぷり練り込まれていて、ほのかなめんたいこの風味としょっぱさが絶妙なバランスです。

 

めんたいこのお煎餅も付いていて、このボリュームで250円はお得だと思います。

めんたいこの辛味などは一切なく、小さいお子さまでも安心して美味しく食べられます。

管理人
管理人

とても美味しいので、めんたいパークに来た際はぜひ買ってみてください。

 

 

 

めんたいパーク 屋外

つぎは、めんたいパークの屋外を紹介します。

 

 

船の3Dアート

めんたいパーク正面入口前にある船の3Dアート。

船の窓からはマスコットキャラクターのタラコン博士が顔をのぞかせています。

内部の穴に顔をはめると、あなたもタラコン博士になれますよ!

 

 

水遊びコーナー(噴水危機一髪)

屋外ベンチの奥にある水遊びコーナー。

おもちゃで有名な『黒ひげ危機一髪』と同じ遊び方で、この装置の名前も『噴水危機一髪』となっています。

タルに空いた差込口に剣を刺していき、刺してはいけない差込口に剣を刺してしまったら、タルの上の筒から大量の水が噴射されます。

 

 

噴射された水をおもいっきり喰らうとビシャビシャになりますので、お子さまを遊ばせる際はタオルと着替え一式が必須です。

 

 

ベンチ

めんたいパーク屋外にはベンチも多数用意されています。

管理人
管理人

天気の良い日はフードコーナーで購入した飲食類を屋外ベンチでもお楽しみいただけますよ。

 

 

駐車場

駐車場はとても広く、100台以上停めることが可能です。

 

 

 

まとめ

かねふく めんたいパーク』は、めんたいこについて学べることはもちろん、めんたいこの加工現場を間近で見れる工場見学、記念撮影ができる撮影スポットも多数用意されているほか、お子さまから大人まで楽しめるめんたいランド、めんたいこ関連のお土産が充実しているお土産コーナー、フードコーナーでは出来たてのめんたいこ入りおにぎりなども食べられます。

屋内だけでなく、屋外にもお子さまが大好きな水遊びコーナーがあり、屋内外でお子さまが遊べるところが充実していて、おすすめの穴場遊びスポットといえます。

 

学べて遊べて食べれて、いろいろな体験ができる『めんたいパーク』は、小さいお子さまから大人の方までしっかり楽しめる、何から何までめんたいこ一色のテーマパークでした!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました